瀬戸内国際芸術祭2019 総合案内所

こんにちは!

武田に代わりまして、本日はピンチヒッターの

しーちゃんがお送りいたします^^

今年春から始まった瀬戸内国際芸術祭2019も、早いもので秋会期に突入しております。

当ホテルのすぐ近くに瀬戸内国際芸術祭の総合案内所があるので行ってまいりました。こちらが入り口です。

入ってすぐのところには、少ないですがコインロッカーもありました。

今の芸術祭期間中のみ案内所で期間限定のお土産コーナーも併設されてます。

芸術祭に関連したいろいろなグッズや食品が売っていました!

今しか買えない香川のお土産にぜひ寄ってみてはいかがでしょうか?

見ているだけでも楽しいと思いますよ。

また、瀬戸内国際芸術祭の公式ガイドブックをお持ちの方は、こちらの総合案内所で秋会期用の小冊子をもらうこともできます。私も公式ガイドブックを持ち込んで小冊子を引き換えてもらいました。

芸術祭に参加の方は、こちらの総合案内所にぜひ寄ってみてください^^

 

3年に1度の瀬戸内国際芸術祭も、今年は現在の秋会期で終了となります。

11月4日(月)が最終日です!

興味はあるけどまだ行けていない方!今が最後のチャンスですよ~!

 

タピオカ屋さん@高松商店街

こんにちは!

たまには、ちょっとは流行のネタでも書かないとね…全然世の中のブームについていけてない武田ですが、タピオカが流行っているのは知ってるよ!!

いつか書く日が来るかもしれないと思って、何となく写真を撮っていたのが役に立つ日がきました。

これはサンポートのフレッシュネスバーガーにて。チョイスを間違えてチャイミルクティーにしてしまいました…。チャイ苦手なのに、何で選んだのか不明…次飲むなら黒ウーロンミルクティーにしてみます。

ちょっと脱線しますが、タピオカの原材料はキャッサバ芋というイモです。このイモを粉にしたものに水分を加えると糊のようにネバり気が出て、タピオカのあのもちもちした食感が出るというわけですね。ちなみに、このタピオカ粉は某ドーナッツショップのポンデリングのようなもちもちお菓子をはじめ、まさかの冷凍うどんにも使われている、何気に私たちの食卓には欠かせないものなのです。

イン高松1階のプロントにて。これは夏のメニューの写真です。今はバージョンアップして…

こうなってるそうです。色合いがおしゃれですね。

ミルクティーとイチゴは490円(税別)、抹茶は540円(税別)です。ちなみに、土曜日や日曜日の午後に行くと売り切れており、私は今まで2回ほどフラれております…。

悔しかったので、

スシローで飲んでやりました!!

醤油をバックに撮影。ちなみに、スシローのタピオカは黒じゃなくて、ゴールドなんだそうです。これが280円(税別)とは思えぬクオリティ。量も食後にちょうど良く、割と飲んでいるお客さんを見かけました。

そして、去る10月5日の土曜日のこと。

「今日商店街にタピオカ屋さんがオープンするらしいんですけど、めっちゃ並んでるらしいんですよ」という話から始まり、後輩スタッフがブログのネタのために、わざわざ商店街まで写真撮影に行ってくれました!!今更やけどありがとう!!

17時頃に行ってくれたので、ほとんど並ばずに買えたそうです。朝はすごい行列だったそうで、1時間以上待たなくてはならない状況だったとか。改めてタピオカ様の威力を思い知る…。

このタピオカのゴロってる横の絵がいいですね!見るからにおいしそう。(もちろんおいしかったらしいですが)。ちなみにこの黒糖ミルクティは640円(税込み)だそうです。こういうフタがぴちっと密閉されているものは、上下さかさまにちゃんと振ってから飲むのがルールらしいですよ。

更には、全然知らない間にオープンしていたほかの2店舗も。

あれ?左の店舗って、確か観光案内所だった気が…。さすがタピオカ様…。

※許可取ってないので、店舗名とか営業時間は載せてません※

 

ところで。

自分の知っていたタピオカって…。

こういうやつでしょ??

うんうん、と頷いた人は同世代と認定します。

 

 

 

レトロな銭湯「やなぎ湯」さん@坂出市

タイトルの通り先日、まぁまぁレトロな坂出のお風呂屋さんに行ってきました。その名も「やなぎ湯」。聞くと坂出市では唯一の銭湯なんだそうです。

私は坂出市在住なのですが、そんなに坂出市内をウロウロするわけでもなく、大体決まった場所しか行きません。その決まった場所の一つが「げんじ亭」という居酒屋さんなのですが、そのすぐ隣にやなぎ湯さんはあります。

店構えからしてとってもレトロ。THE銭湯です。

入口にはかわいらしい椅子があります。座れるのかは微妙ですが…。

「おいでまい」というのは香川県の方言です。「来なさい」とか「いらっしゃい」という意味です。

少し脱線しますが香川県が誇る「おいで米(まい)」というお米はおいしいですよ~。お土産用の小さいものは、JRホテルクレメント高松のベーカリーショップでも販売してますよ!ぜひお試し下さい!!

おいで米についてはこちら

で、戻りますが。この椅子を挟んでのれんがあります。

こんな感じで入り口入るとすぐにTVでしか見たことのなかった「番頭」さんがいました…!というか、こののれんの奥はすぐ脱衣室となっているため、写真はもう撮れず…。

タタキで靴を脱ぎ、畳が敷かれてある脱衣室へ。「物」や「造り」はとにかく古い一昔前の感じなのですが、とにかくキレイにお掃除しておられるのです。家具類も整頓されておりました。

かろじて撮れたロッカーの写真がこちら。

激シブのロッカーでした。しかも支えが壊れかけておりグラグラでした。でも鍵もかけれて無事に使えました。

気になる中のお風呂ですが、もちろんタイルのお風呂で、何度!?っていうくらい熱かったです。浴槽も洗い場もピカピカに掃除されており、本当にすごいと思いました。

そして言葉で説明するのが難しいのですが、洗い場にシャワーはあるのですが、シャワーだけ独立しています。そして蛇口が「水だけ出る蛇口」と「湯だけでる蛇口」に分かれておりました。つまり両方を適当に押して止めて、適温にするといういきなりの高等技術を求められるのです。

しかも、隣の蛇口たちの水量の影響をものすごく受ける受ける…!一回たりとも「適温」でストップすることが出来ず、「熱い」か「ぬるい」のどちらかのかけ湯を繰り返す羽目となりました。これは難しい…。

この右の建物が大好きな「げんじ亭」さん。奥に見える煙突がやなぎ湯さんです。

坂出駅から徒歩3分位の距離でしょうか。写真がないだけに気になった方はぜひ足を運んで見て下さい。

http://www.sairosha.com/meisento/kagawa.htm

こちらのHPに少し写真が載っています。

 

〇〇やなぎ湯〇〇

坂出市京町1丁目5-15  TEL:0877-46-0654

営業時間は14:30~21:30  定休日は日曜

ハマチとタイの一日@引田

ハロウィンも近づく10月になりました。

子供が通う幼稚園の教室に飾っていました。右のかぼちゃの顔のバランスが絶妙にかわいくて思わず撮影。それにしても10月だというのにまだ半袖で十分ですね。秋はいつ頃になるのでしょうか。

もーホントにネタの回収に困る毎日なのですが、定期的に何かしらの行事がある娘の幼稚園で「親子遠足」に行ってきました。

行先は東かがわ市方面。人数が少ないのを良いことにジャンボタクシーで移動です。子供も喜ぶ「とらまる公園」がメインではあったのですが、当日は生憎の雨…。そういえばカヌー教室も雨でした、先日の運動会も雨でした、もしかしたら誰か雨女がいるのかもしれません。

さてさて。今回皆様にご紹介したい話題はこちら。

ハマチやタイの養殖を行っている体験学習館「マーレリッコ」というところです。

パンフレットにもありますが、検索する際は「ソルトレイクひけた」でお願いします。香川県はハマチの養殖が盛んですが、ここはなんと日本で初めてハマチの養殖に成功した海水池(ソルトレイク)なんだそうです。

左のイカのおもちゃは天井からつるされていました…どう撮っても映り込むのでそのまま。まあいいか。ハマチのお勉強ができます。

反射して見づらくてすみません。ここでハマチに餌をやり、タイを釣って帰るというプランとなっておりました。少しですが入館料がかかります。500円でタイを釣れます。子供たち全員が釣る!と盛り上がっておりましたので、もれなく申し込み。

「どれくらいで釣れるんですか?」と聞いてみたら「3秒」という回答でした。つまり絶対釣れる…ということか…。

マーレリッコの2階から。雨がすごかったので、ほぼ室内でした。この写真中央にある緑のボートみたいなところの左上に養殖の網が2個見えます。向かって右がハマチ、左がタイでした。

もう少し手前にある網には豪華なタイが泳いでおりました。絶対に500円では釣らせてはくれないレベルの豪華さでした。

子供たちはちゃんとライフジャケットをつけて参加。おじちゃんが竿に餌のエビを付けて子供に渡してくれます。リアル「エビで鯛を釣る」状態ですね。

餌を入れて「1、2、3」とおじちゃんが数えるとタイが釣れます。タイ達の食事状態が気になるほどの食いつきの良さ。ちなみにこの写真は武田の娘。2回ほどタイにエビだけ食べられていましたが、ちゃんと釣るまでやらせてくれました。

この後記念撮影。+100円で内臓処理をしてもらえますので、お願いしました。ついでにさばいてほしかった…。氷をたくさんいれた袋につめて持ち帰り、武田の祖母がさばいてくれまして、無事に晩ごはんのおかずとなりました。

そのマーレリッコの2階には学習コーナーがあります。

小さくて見えないと思いますが、衆鱗図という貴重な絵も。上の2匹はハマチとサワラ。

私の好きなカレイもいます。ちなみに衆鱗図とは…高松藩主5代目の松平頼恭が作らせた図鑑的なものらしいです。香川県立ミュージアムでもイベントで展示されておりました。貴重なものらしいでのすが、普通に展示されています。間近でしっかり見て下さい!

左下の桟橋には白い大きな鳥が…きっとハマチを狙っていますね。

最後に正直に言いますが、私はハマチはそんなに好きではなく。もちろん香川県では特産品(でいいのかな?)となっている「オリーブハマチ」もそんなに好きではなく。同行したママさんや先生たちとの会話で「オリーブハマチはホントにおいしいよね」「普通のハマチと何が違うのか分からんけれど、絶対こっちがおいしい」という会話に同調できず、少し微笑みながらうんうんとうなずくだけでした。だから私の意見なんかは参考にならないけど、オリーブハマチはおいしいらしいですよ!ぜひ食べて見て下さいね!!

〇〇ソルトレイクひけた〇〇

〒769-2901 香川県東かがわ市引田4373

TEL 0879-33-2800  火曜日定休

 

特にネタのない日常。

皆さん、こんにちは。

今日もいい感じに青空ですね~!雲一つありませんね。

開始当初の放置プレイを反省し、10日に1回は更新しようと思っているのですが、なかなかこれといったネタがない…。ということで今回は小ネタでいきます!

①「天下一品」に行ってきました!

何の取り柄もない一般庶民でございますが、私…今まで天下一品に行ったことが無く…。正確に言うと5月か6月に初めて駅前の天一に行ったのですが、「あっさり」を注文し、「天一行った」感を出していたのですが、「あっさり」を食べたがために皆から「なぜこってりを食わない」「それはデビューとは認めないよ」言われ、腹黒毒舌NO.1の某男性スタッフから「武田さん、天一であっさり食ったんでしょ(笑)」という言葉まで浴びる始末…!絶対最後に(笑)があったのを、私は見逃さないからな。

ところが、「私も行ったことない」という同志をスタッフに発見!しかも一緒に行ってくれるって…!!天使か。

で、先日とうとう行ってきました!

感想は…私は「あっさり」の方が好みです、すみません。途中からテーブルの上にあった「辛味噌」的なのを入れて食べましたが、そもそも使い方が合っているのか…。けど、これで「天一」行きました!と宣言できます。

 

②フロントの裏でカモミールが育っています。

連休を頂いておりました間に、カモミールというオシャンなハーブが事務所で育てることになっておりました。初日の種まきを見ていないのが残念なのですが。

9/15日

すでにちょこちょこと発芽。水やりしました。

9/16

たった1日でまぁまぁ育ってる…!!

そしてちょっと密度ヤバイな、という感じですね。間引かないと。

ということで、カモミールが成長していく写真を今後収めていきますので、そのうちブログのネタとして成長日記をUPします。

 

さて。本当にどうでもよいような日常ネタですみません。次回は何かしら良いネタを仕入れてまいります。それでは失礼します。

夏の終わりに辛い物を。

こんにちは。朝晩は少しずつ涼しくなってきましたね。そんな夏の終わりに、辛い食べ物の話をしたいと思います。

イン高松のスタッフには辛いものが大好き(そこまで好きではないけど得意というジャンルも含めます)というスタッフが何名か在籍しております。

スタッフの昼食(夕食、場合によっては朝食)の御用達である1Fのセブンイレブンでも、たまに激辛メニューが登場し、「これ辛かったですよ~」とか「これ辛いから食べてみて」などという会話がよく登場します。

そこで、まずは武田の昼ご飯を兼ねた最近の辛いメニューを紹介します!ちなみに私は辛い物は好きですが、あまり辛すぎると食べれません。

先日は久しぶりにシンボルタワー3Fの担々麺のお店へ。

ここは昼行くといつも混んでいます。大体11時半から休憩に出る私ですが、先日行った際も、すでにお客様でいっぱい…。

これに飲茶(写真撮り忘れ)が付くセットで満腹です。

担々麺は辛さが何段階あるのか不明ですが、「普通でいいですか~?」と店員さんに聞かれるのかデフォルト。辛めにすると私はきつかったです。ということでいつもピリ辛程度の「普通の辛さ」にしています(汗だくで化粧の化けの皮がはがれると危険なため)。そして食後の杏仁豆腐が天使です。

ついでに、行ったのがもう1年ほどになってしまいますが、陳健一さんの麻婆豆腐店も同じ3Fにあります。写真はないので、HPはこちら。甘口で頼んだにも関わらず、思った以上のその倍以上に辛く、大辛を頼んだ一回り年下のフロントスタッフは「ヤバイ」を連発していました。誰か激辛とか食べてみてほしい…。

で、休憩を終えてフロントの裏に戻ったら別のスタッフがコレを食べてました。

食べかけでしたので一部カットでお送りします。おなじみセブンイレブンで購入したピリ辛チキンとホットチリソースドリア(税込み464円なり)です。一見トマトソースに見えますが、チリソースでもれなく辛く、しかも上に乗っているチキンも辛いという休憩箇所ゼロのドリア。トッピングのチーズの下にもチリソースが隠れております。辛い物好きの女性スタッフですら「これ辛かった」と言っておりましたので、気になる方はぜひ食べて見て下さい。

ちなみに。最近全く姿をみませんが「かきたまラーメン」という名前と見た目が全く一致しないこのラーメンを、私はこの夏5杯は食べました。最初は辛すぎて麺をすすれませんでしが、3杯目くらいからいけるようになりました!辛さを和らげる味方であるはずの卵もスープの辛さを吸収して、とにかく辛い…ネギも辛い…けどめっちゃおいしかったんです…再販待ち望んでます…!!

そしてここからが本題となりますが…。

イオンで仕入れてきたこの一品を上司にプレゼントしました!「プルダックポックンミョン」という韓国の激辛焼きそばです。

鳥(もしや材料?)ですらもんどりうつ辛さという事でしょうか…。このシリーズはカップ系ではなく、袋タイプのをずいぶん前にお土産でもらって作ってみたことがあったのですが、その時は一口食べてギブアップでした。作っている時のニオイからして痛かったのを覚えています。

見た目は普通。思ったより麺が少ない…?

お湯を入れて、4分後に湯を捨て、赤い袋のソースをINするだけ。左の白い袋はふりかけ的なもので、海苔とゴマでした。ソースの飛び散った所が赤い…これは期待できますね。混ぜると…

あくまでも見た目は普通ですが、ソースの奥に悪魔がひそんでいる感が半端ないです。激辛は好きではないけど、得意な方という上司ですが……汗だくでした…(ちょっと痩せたかもしれません)。私は2本だけ頂きましたが、唇がしばらくピリピリと痛かったです。「量が少ないと思ったけれど、なかなか減らない。これはカライ…ゴマもからい…」と食後はおなじみセブンイレブンで買ってきたアイスを食べておられました(痩せた分は戻っているかもしれません)。

ちなみにこのカップ焼きそば。韓国に留学していたフロントの女子は大好きなようで、今でもたまに食べたくなる…との事でした。そして、まさかのこれが辛さ1倍ということを教えてくれました…。マジか…。

激辛料理は夏のイメージですが、寒い冬でもおいしいですよね。ここのコレは辛いよ~等の情報をスタッフ一同?お待ちしております。

結局年中食べれるということで、今回はこのあたりで…。

 

カヌー教室@府中ダム

それは8月27日朝6時半のこと。大雨でした。

その日は朝9時から幼稚園のイベントで「親子カヌー教室」が開催される予定でしたが、屋外イベントのため雨の場合は中止と聞いていました。ほかのお母さんたちとも「中止だろうね」というLINEをしつつ、娘がパンをかじる姿をよそ眼に洗濯機のスイッチをON。おかあさんといっしょを眺めつつ携帯をふと見ると「研修センターの見学で保護者同伴マスト」というまさかの事態に!しかも、雨が止めばカヌーに乗るという強硬に近いプランでの参加。

慌ててナビをセットして向かった先は「坂出市カヌー研修センター」です。

坂出市が誇る?府中ダムです。

※画像は坂出市観光協会からお借りしました。

この写真の奥側というか北側のところに「坂出市カヌー研修センター」という場所があり、そこで現地集合でした。小雨がぱらつく中子供たちと親、そして幼稚園の先生方も集合し、研修センターの見学に向かいました。

曇ってますね…府中湖湖面より。どうやって撮影したかはまた後程。

ここの研修センターが思っていた以上にすごかったです。この写真の向かって左側がトレーニングセンターだったのですが、この8月5日に落成式を迎えたばかりというキレイな建物!

窓一面がガラス張りで、府中湖の湖面を眺めながらのトレーニングが可能です。曇っていも良い景色でした。晴れていればきっと絶景!一般的なジムにあるような器械がずらりでしたが、特にカヌー競技に特化したトレーニングマシンが揃えられておりました。

トレーニングマシンは一般の人も使えるそうです。

※ちなみに案内してくれたのは背筋を鍛えるイケメンのカヌー選手、明石さん(逆光ですみません)。そしてそれを見守る園児たち(この4名が全校生徒という素敵な田舎の幼稚園です)。

園児にかかれば、腹筋を鍛えるこの器械も滑り台と化していました。子供たちはやりたい放題でした。

そうこうしていると気が付けば雨がやんでおり、とうとうカヌーに乗ることになりました。生まれて初めて乗るカヌー!ほどよく曇っているために紫外線も怖くない!意気揚々と救命胴衣をつけてパドルの使い方を教わっていると、「怖いから絶対に乗りたくない」という娘の一声が…。

 

…え……

 

…こんな感じで皆楽しそうにカヌーに乗っておられました。

桟橋で見守る武田親子…。今日は一体…と思っていると

「監視のボートを出すから乗りましょう!」という明石選手から心もイケメンな一言が…!!

それすら乗りたくないと娘は号泣していましたが、乗せてしばらくすると思ったほどではないと思ったのか、すぐに泣き止んで景色を楽しんでいました。ある意味なんてラクチンな…手で漕がずして私も府中ダムクルーズを満喫してきました。さっきの研修センターの写真もボート上からパチリでした。

このアーチ状の形をした橋は通称「亀橋」といいます。一番最初の写真の北側にある橋です(こちらは一般道)。亀の甲羅みたいな形ですね。ちなみにもう一つの橋は「鶴橋」と言いまして、こちらは高速道路です。二つ合わせて「鶴亀橋」という愛称となっています。

少ししか映っていませんが、この橋が鶴の方です。

これは監視ボートとカヌーを連結させて、皆でクルーズを楽しんでいるところですね。ちなみにウチの娘は…

泣いていた姿はどこへやら。まぁ、楽しんでいたようで良かったです。

12時頃に終了し、ほどよい疲労感で帰宅しました。が、帰ってきて思い出したのが朝スイッチを入れた洗濯機!2時間以上前に終了したであろう洗濯物がしわしわになっており、急いで室内に干しました…。なんだか疲れた午前中でした。

 

ということで?府中ダムのカヌー競技は実は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの事前トレーニングのキャンプ場にも指定されているという何気にすごい場所なんです!ハンガリーの選手も今後来る予定になっているということで、横断幕も作られていました。週末も大会など行事が盛りだくさんです。興味がある方はちょっとドライブがてら府中ダムを覗いてみください。

残念ながらカヌー体験は開催されておりません…ご了承ください…。

 

終わったイベントの話。

台風がもうすぐ来そうな予報となっております。

が、恒例の外の景色はこんな感じです!晴天!

皆さん、お盆休みは何をされていますか?

今回は敢えて昨日行った終わったイベントの話をします。

先に書いておきますが、爬虫類が嫌いな方は読み飛ばしてください

↓↓それでも大丈夫!という人はどーぞ!↓↓

昨日の12日。【へんしん?おもしろ!?マリプラ動物園】という無料のイベントに参加してきました。

イベント会場はマリタイムプラザ高松。イン高松からは歩いても3分もあれば十分な距離で、シンボルタワーの1階に隣接するような形で建っています。たまにこういう家族向けのイベントがあります。

小学校低学年くらいの子供が一番楽しめるようなイベントでしょうか。たくさんの子供連れのご家族が来ており、かなり混み合っておりました。館内のいろんな場所に設置してあるスタンプを押して、全部そろえるとコースターがもらえます。それでももらって帰るか…と人の多さでめちゃくちゃ乗り気でない娘の手を取り、とりあえずスタンプラリーへ。

そこで出会った彼(彼女?)。私はとっても触ってみたかったのですが、娘はドン引きでした…。カメレオンさん。

残念ながら触れ合いはNG。お兄さんはチクチクします、と言っていました。葉っぱのところにいたので、ずっと緑色なんでしょうか…。

それからカエルコーナー。じっと左を見つめていました。

「多くの人が飼っている」というバジェットガエルさん…こちらも左を向いてベルツノカエルをじっと見つめていました…。なんでそんなに左を向いているのかと思っていたら、更に左の水槽にコイツがいました。

ヘビ。名札を撮影し忘れましたが、死んだふりをするヘビだそうです。カエルと見つめあいを続けていましたが…。

それから子供に甲羅を触り続けられているカメ。けっこう大きいサイズで「民家では飼えません」と書かれていました。そりゃそうだよね、という納得のサイズ。

触れ合いコーナーは続いてこちら!

名前のわからないヘビ。ちょいちょい赤い舌を出していました。

手の平にのせて写真撮影ができるとの事でしたので、私は張り切って写真撮影をしてきましたよ!(写真は伏せますが)手の平に乗せた感覚は、ほんのりと温く、手触りは「ゴム」っぽく弾力がすごかったです。種類は分かりませんが「噛むことがあります」と書かれておりました。※手に乗せて興奮する私に、遠くから旦那さんから「手を洗って来いよ」という冷めた一言…わかってますよ…

かわいらしいのもどうぞ!これ全然動かないので、置物かと思っていました。

が、ふと見ると。

あ、横見てる…!!生きてる…!!

たま~~に首を左右に向けるくらいしか動きません。

そして最後に一番人気の「チンアナゴ」コーナー!

行列を抜けて見つけた水槽は…

不在でした…。砂の中にもぐって全然出てきませんでした…。

そしてチンアナゴクッキーが発売されておりましたが、即完売だったらしく写真には収めることができませんでした。次の発売は14時からと言われましたが、2時間以上も待つ元気もなく、イベントは以上としてマリタイムプラザを後にしました。

無料イベントだったのですが、思った以上に楽しめました(私が)!またこういうイベントがあれば参加してこようと思っております。

 

 

長崎からのスタッフおもてなしうどんツアー(旅情編)

遡ること6月。はるばる長崎から研修に来てくれていたスタッフが6月末で帰国?し、月が替わって7月からはまた新しいスタッフが来ています。※とってもさわやかな男性スタッフでした。もう帰っちゃいましたけど…。

ということで、彼へのもてなしに開催されたのは、やっぱりうどんツアーです。

7月16日にツアーは催行され、この日は梅雨時期にも関わらず快晴。日中の気温は30度超という絶好のお天気。この日ももちろん朝9時にスタートです。

行ってらっしゃい!!

主催者が大の「がもううどん」ファンということもあり、1店舗目は「がもう」。そして2店舗目は「山越」へ。※前回と同ルートなので詳細は割愛します。

写真は山越さんです。安定の釜玉ですね。相棒のちくわ天も欠かせません。

前回はこのあと瀬戸大橋記念公園に行き、ソフトクリームを食べて解散でしたが、今回は男4人の旅。まだまだ続きます。

続いては綾川町の名店「たむら」さんへ。山越からは車で10分少々、ホテルからは30分もあれば余裕で到着します。

ここで写真を忘れるというプレゼントを頂きました…。

気になる人は「たむら うどん 香川」でググってください。それすら面倒な人はこちら たむらうどん 讃岐うどん遍路のHPです。

うどんを食べたあとは、そろそろ消化を促すために運動を兼ねて、瀬戸大橋記念公園へ…素敵な写真を頂きました。

青空と海と瀬戸大橋がきれいですね。その横の青春感があふれる写真もいいですね。ちなみに長崎の研修生は一番右です。香川とうどんを満喫!

元気そうに見えますが、彼らの胃にはすでに推定4~5玉のうどんが在中…。

そろそろきつくなってきた頃でしょうか…さて、どんどん行きましょう。

続きましては坂出の超有名店「日の出製麺所」さん。営業時間が11時半から12時半という狭き門のため、同じ市内に住む私武田はまだ訪れたことがありません…。

こちらの写真も忘れてます(ブログの意味…)。お店のHPはこちら

時間の都合上、ここで1人メンバーが脱退。坂出駅から高松への帰路につきました。※瀬戸大橋の一番左。ちなみに一番日の出製麺所のうどんがおいしかったと言っておりました!だしが絶品で、彼はうどんを食べたあとにもうどん出汁だけ飲んだそうです。

さて。残された3人はどうしたかというと、やっぱりうどんですね。

最後はこちら!

坂出からは車でさらに15分程でしょうか。丸亀市飯野町にある「おかだ」さんへ。

こちらは宇多津町にある超人気店「おか泉」のセルフ店です。

ようやく写真を頂きました。とってもキレイな麺で見るからにおいしそう…。

 

スタッフの一人は「おいしいのに、もう喉がうどんが通るのを拒否するようだ」とのコメント。最後の方はまるで修行のようですね。食べすぎでおかしくなったのか、別の車に乗ろうとするハプニングまで勃発したようです…。

そして最後はまさかの。

善通寺に。

ちょっとでも動いて消化しようとする意気込みを感じますね。

善通寺は88か所のうち、75番札所にあたるお寺です。弘法大師生誕の地とされています。五重塔もあり、立派なお寺です。さすがに平日は静かですね…。

長崎からの研修スタッフはこんぴらさんにも訪れたそうです。香川はいかがだったでしょうか??6月に研修に来ていたスタッフからは「長崎でうどんが食べられない…」と嘆きのメールが来ていました。

さて、6月、7月と連続で開催されたうどんツアー。今後いつ開催されるかわかりませんが、またご報告できればと思います!

 

 

今度は栗林公園の。

もう書くのも嫌ですが、今日も雨です。

恒例の「今日の窓から」シリーズ。

本日19日は瀬戸芸夏会期のスタート日でもありますが、残念ながら雨模様となってしまいましたね。折角行くならば、梅雨が明けてカラッとした天気の中で島巡りに行きたいですね!(すみません。多分私自身はエアコンの効いた室内でドラマ見てると思いますが)

さて。

今回のブログネタを提供してくれたのはかわいい後輩!ありがとう!!

写りが悪くて申し訳ありません。

前に作った玉藻公園のパズルの姉妹品「hacomo box」の栗林公園バージョンです!

よくよく見てみると…

前回の玉藻公園とはちょっと違う作りとなっており、順番にパーツを並べて固定するだけ、という簡単なパズルとなっております。

ということで早速OPEN。

台紙を外して、全部で8つのパーツに分けます。とても細かく細工が施されております。橋のパーツ、木のパーツ、船のパーツ…思わず「おおっ!」となりました。

あとは指定された順番に前から並べて、並べて、固定。

この和な感じの柄が外国人にも人気でしょう。多分。

四隅を二か所ずつ固定。終了です。工程はおよそ5分でしょうか。「開ける」→「バラす」→「固定する」以上です。簡単な作業ですが、完成図は素晴らしい。

 

 

正面から。めちゃくちゃ立体的に見えて素敵です。

一番奥は紫雲山が見えて、和船が浮かぶ様子。それから掬月亭に偃月橋。栗林公園にはたくさんの松の木が植えられていますが、もちろんその松の木の姿まで…!

気になる大きさはライターサイズ。今は私のパソコンの上に飾っております。豪華な栗林公園が手の平の上で楽しめます。

素敵なグッズを紹介してくれてありがとうございます、後輩様…。

ちなみに後輩が購入したお店は、ホテルから歩いてすぐ。シンボルタワー内マリタイムプラザ1Fの「四国ショップ88」です。

HPはこちら  https://shikokushop88.com/?mode=f3

香川のお土産はもちろん、四国のお土産が所狭しと並んでおり、見ているだけでも楽しいお土産がたくさんです。県民ですら、「こんなのあるのね」的なお土産がありますよ!営業時間は季節によって変わりますので、一度チェックしてみて下さい。

…最後はお店の紹介となりましたが、今回はこれで終了です。