宿泊予約

ご宿泊日
から まで
泊数
1室あたり
部屋数
ご宿泊日
から まで
泊数
1室あたり
室数
ご宿泊日
から まで
泊数
1室あたり
室数
ご宿泊日
から まで
泊数
人数
部屋数

シェフのレシピ

オリーブ地鶏、柿と
チーズのクルート焼き

オリーブ地鶏は、県産地鶏の讃岐コーチンと瀬戸赤どりに、オリーブオイル採油後の
果実であるオリーブ飼料を与えています。
脂分の少ないむね肉やささみも肉汁が多く、いろいろな料理に使うことができます。

材料:4人前


<オリーブ地鶏胸肉スービッド>
オリーブ地鶏胸肉 4枚/オリーブオイル 60cc/ローズマリー・タイム 適量/塩・コショウ

<柿とカチョカバロのクルート>
あんぽ柿 200g/カチョカバロチーズ(香川県産) 200g

<付け合わせ>
ごぼうのフリット/柿(香川県産)/モッツァレラチーズ/菜の花/苺の花

鶏胸肉を塩コショウし、オリーブオイルをなじませます。ローズマリー、タイムと共に真空パックし、85℃のコンベクションで30分火を通します。

あんぽ柿を裏ごしにし、カチョカバロチーズと塩・コショウを加えクルートを作ります。鶏胸肉にクルートを塗り、サラマンダーで焼きます。

鶏胸肉を1/2にカットし、皿に盛り、つけあわせを周りに添えます。

おろしたカチョカバロチーズと塩を全体にふりかけます。

シェフからのワンポイントアドバイス

鶏胸肉はあらかじめ火を通してあるのでクルートの表面を焼くだけにしてください。
カチョカバロチーズが手に入らない場合はカマンベールチーズなどを代用してください。