宿泊予約

ご宿泊日
から まで
泊数
1室あたり
部屋数
ご宿泊日
から まで
泊数
1室あたり
室数
ご宿泊日
から まで
泊数
1室あたり
室数
ご宿泊日
から まで
泊数
人数
部屋数

シェフのレシピ

讃岐夢豚の低温調理、
希少糖入りソース
さぬきの柑橘添え

讃岐夢豚は高栄養の麦などで育てられ、風味とコクがありやわらかくておいしいと評判です。 その肉質を最大限に活かすため、あまり手を加えず、シンプルな料理で食べるのがオススメです。

材料:5~6人前


讃岐夢豚肩ロースかたまり 500g/小豆島の塩/ブラックペッパー粗引き

<ベース>
小豆島の濃口醤油 30cc/みりん 20cc/希少糖 15cc/ブイヨン 100cc/にんにく 1/2粒/葱の青い部分 5cm

片栗粉 適量/ せとか 大きめのもの3個/ カリフラワー 1/2房

<下準備>
ベースを鍋に入れ、一煮立ちさせて置いておきます。
せとか1/2個の皮をむき、みじん切りにしておきます。

豚肩ロースは、塩とブラックペッパーをまぶします。

フライパンで表面に焼き色をつけます。

真空包装の袋に①のベースを加え、パックします。コンベクションに入れ、65℃で3時間火を通します。

袋からポークを取り出し、カットします。ベースは容器に取っておきます。

せとかは、小さくカットし塩・胡椒し、バーナーで焼き色をつけます。カリフラワーもボイルし小さくカットし、塩・胡椒し焼き色をつけます。

皿にポークを盛り付け、せとかとカリフラワーを添えます。

ベースを鍋で沸かし、水に溶いた片栗粉でとろみをつけます。

ソースをポークにかけ、せとかの皮のみじん切り、黒胡椒、粗塩 を皿に散らします。

シェフからのワンポイントアドバイス

コンベクションがない場合、家庭などでは、真空パックしたものを鍋のお湯の中で調理できます。
鍋に取り付ける温度計を用意し65℃をキープしてください。